【マンション投資会社比較5選!】口コミでも評判の不動産投資業者をおすすめ順にご紹介します!

サラリーマンでもマンション投資をすることは可能?


銀行の利子は全く利益を生み出さず、預けているのが馬鹿らしいと感じている人は多いようです。
安定した不労所得が得られるとしてマンション投資が注目されていますが、素人でも参入できるものか気になるところです。
そこで、サラリーマンでもマンション投資をすることが可能なのか検証してみましょう。

 

マンション投資に有利な要素が揃っている

マンションに投資するには、物件を購入しなければなりません。しかし、マンションの価格は数百万円から数千万円するため、なかなか現金で支払うのが難しい買い物です。そのため、マンション購入には融資を受けることになりますが、サラリーマンは安定した職業であるため融資を受けやすいというメリットがあります。

融資は社会的信用のある人にしか受けられないシステムとなっており、社会的に信用があるというのは、具体的には20歳以上で安定した収入がある人を指します。収入の額はそれほど重視されず、年間200万円程度で大丈夫です。そのため、サラリーマンが有利となります。

また、土日が休みであるため週末はじっくりと物件に向き合うことができ、平日に探しておいた物件を週末下見に行くことが可能です。運用に関しても、税金なら税理士、入居者の募集は不動産会社など、それぞれのプロに任せることができるため、労力をかけずに運用できます。

 

どのような物件を選ぶのが最適か

マンションに投資するといっても、1棟マンションと区分マンションがあり、必要になる費用も大きく異なります。1棟マンションは初期費用もかなり必要になりますが、家賃収入も多くどんどん利益を増やしていけるのがメリットです。

ただ空室が多くなると損失も大きくなるためリスクもあります。融資も、年収の数十倍の金額が受けられるため、少ない自己資金で始めることができるでしょう。しかし、1棟マンションは値段が高いため売却したい場合もすぐに売ることは難しく、時間がかかることを覚悟しなければなりません。

区分マンションは初期費用が少ないため購入しやすく、情報も集めやすいのが特徴です。破損しても所有する区分のみの修繕となるため費用も安くつきます。区分マンションは費用も安く売却しやすいのもメリットですが、賃貸収入でのキャッシュフローが少なく1軒しか所有していない場合は固定資産税などを差し引くと赤字になることもあります。適切な物件選びが重要となります。

 

副業として失敗せずに投資をするポイント

副業として成功させるには、たとえプロの手を借りるにしても必要最低限の知識を身につけておくことがポイントになります。不動産業者から8000万円で購入した物件の価値が実は4000万円であったり、学生の入居を期待していたのに大学が移転してしまったなど、少し調べれば自分でわかる情報は自力で入手しておく必要があります。物件が数年後には価値が倍増するなどというセールストークを鵜呑みにするのではなく、確実な分析によって導かれた情報を見抜く力が大切です。

また、物件の細かいディテールにこだわりすぎ、全体像を見失わないようにすることも重要なポイントです。優良物件は、利便性や価格、間取りなど様々な要素を総合的に吟味して判断しなければなりません。利便性だけにこだわり、日当たりの悪さを見落としていたり、価格だけを見て間取りが悪いなど、バランスの悪い物件は入居者を得ることができません。完璧な物件はないことを頭に入れ、俯瞰的に物件を見ることが大事です。

 

メリットも多いマンション投資ですが、やってみようという気になったでしょうか。優良な物件さえ見つけることができれば、リスクもほとんどなく利益を増やすことができそうですね。一棟マンションは無理でも、区分マンションなら少ない資金でも始められるので、チャレンジしてみてはいかがでしょう。

マンション投資会社一覧はこちら!不動産投資の相談はおまかせ

404 - Not Found

指定されたページは存在しませんでした。
現在表示する記事がありません。

このページの URL : http://manshon-toushi.info/column/worker/

トップページへ戻る