【マンション投資会社比較5選!】口コミでも評判の不動産投資業者をおすすめ順にご紹介します!

マンション投資とはどのようなもの?

金利の低下や年金に対する不安などから、今ある資産を少しでも多く増やしたいと投資を始めたいと考える人は多いでしょう。
そんな中、サラリーマンとして働きながらでも始めやすいと人気なのがマンション投資です。リスクも比較的少なく、長期的に安定した収入を得られる投資として注目されています。
そこで、マンション投資とは一体どのようなものなのかご説明しましょう。

 

マンションに投資する不動産投資

マンション投資とは、区分マンションや一棟マンションなどの物件に投資する不動産投資です。利回りの相場は3%から5%と決して高くありませんが、長期的に安定した収入を得ることができます。

FXや株式投資では、短期間で大儲けをしたという話を聞きますが、マンションの投資には一攫千金的要素はありません。FXや株式のように売却のタイミングによって利益を得るのではなく、何十年かけて少しずつ貯えを増やしていくという投資法です。もちろん、マンションを売却して利益を得ることもできますが、バブルの時のような土地の高騰はないため、家賃収入によるインカムゲインがメインとなります。

マンションの運営は管理会社に任せてしまえるため、入居率の高い物件を購入しさえすれば、難しい専門知識はなくても始められるのが魅力で、サラリーマンや公務員に人気の副業となっているのです。

 

投資用マンションの種類とそれぞれの特徴

投資用マンションは、新築物件と中古物件があり、区分マンションと一棟マンションに分類されます。初めての人が一番初めやすいのが新築の区分マンションへの投資で、評価の高いマンションなら95%もの融資を受けることが可能なため少ない自己資金でも投資可能です。

新築は入居希望者も多く、優良物件の場合は長期空室保証も付けることができます。中古の区分マンションは、新築よりも安く購入できるので利回りが良いのが特徴ですが、経年劣化で大掛かりなメンテナンスが必要なマンションも紛れているので注意が必要です。古くなるほど保証期間が短くなるので注意しましょう。

新築の一棟マンションは、部屋数が多いため空室のリスクを分散できるものの、初期費用が5000万円から1億円ほどと多額になるため初心者の投資には適していません。まとまった資産を保有していたり、すでに投資で成功している人に向いている方法です。中古の一棟マンションは、安い物件を修繕して大きな利益得ることもできますが、物件の見極めが難しく投資の中級者から上級者でないと手に負えないでしょう。

 

マンションに投資するメリットとデメリット

マンションに投資するメリットは、老後に備えて安定した収入源が得られることです。また、投資ローンを受けやすいサラリーマンに関しては、自己資金がほとんどゼロでも始められます。保険や私的年金としてロングリターンが選べるため、コツコツ利益を積み重ねたい人に最適です。家賃や物件の価値はインフレと連動しているので、インフレ時に資産が守れるのもメリットとしてあげられます。

デメリットは、空室が発生した場合収入が減り、最悪の場合ローンの返済もままならなくなることです。
サブリース契約をするなどリスクを回避する必要があります。そのほか、自然災害で予期せぬ修繕費用が必要となったり、飼い主を見つけるのに時間がかかるため現金化するのに時間がかかることもあげられます。

利益だけでなくリスクもついてくるため、メリットとデメリットを知ったうえで始めるようにしましょう。

 

マンションの投資に関する知識は得られたでしょうか。自分がどのような理由でマンションに投資するのかを考え、自分に合った物件を選び投資を始めるのが賢明です。素人向けのセミナーや相談会なども開催されているので、興味がある人は参加して情報を入手すると良いでしょう。

マンション投資会社一覧はこちら!不動産投資の相談はおまかせ

404 - Not Found

指定されたページは存在しませんでした。
現在表示する記事がありません。

このページの URL : http://manshon-toushi.info/column/what/

トップページへ戻る