【マンション投資会社比較5選!】口コミでも評判の不動産投資業者をおすすめ順にご紹介します!

マンション投資の節税とは何?

マンション投資をすると家賃収入などが得られるメリットがあるのはそれなりにわかります。

それ以外に節税効果があるとして勧められるときもあるでしょう。

理由を知って該当する部分があるなら、検討する価値が出てくるかもしれません。

現金負担がないのに税金が減らせる

生活をしているとお金を受けるときもあれば払うときもあります。

お金を受けるときとしては給料を得るときもあれば事業などによって得られるときもあります。

支払いに関しては生活費の支払いもあれば税金の支払いもあります。

税金の支払いは国民の義務なので、払わなければいけない税金を払わないのは違法になります。

でも払うべき税金を所定のやり方で減らすことができ、それによってお金が出ていくのを防げるかもしれません。

マンション投資の節税は、現金負担がないのに税金自体を減らせる仕組みとして知られています。

サラリーマンは給与所得から所得税が計算されますが、給与が多いほど税率が高くなり支払額も増えます。

そこで不動産投資を行い、そこで生じた損を通算して税金を減らせます。

この時に損の大半を占めるのが減価償却費で、こちらは現金の支出を伴っていません。

家計を見ると余分に現金は出て行っていないのに支払う税金を抑えられるので、何もしないよりも現金が手元に残りやすくなります。

マンションのローンを完済すればマンションの資産が得られるので、現金資産も残しつつ不動産の資産も残せます。

現金を贈与するときに比べるとかかりにくい

親子間であれば生活のためにお金を出したりがあるでしょう。

子育てのために食費を払ったり学費を払ったりします。

これらのやり取りは子に対する贈与にはなりません。

生活をするにあたっての必要な費用の支払いとして認められます。

一方子供が独立をして別の家計を持っているとき、相手の生活の面倒を見る目的以外で資金の提供をするときがあるかもしれません。

こちらは贈与となるため贈与税がかかる可能性があります。

1年あたり110万円まで控除額が設定されていますが、それを超える贈与があると税金を支払わないといけないので注意しないといけません。

親子間において資産の受け渡しをしたいとき、マンション投資をしていると節税しやすくなるとされています。

これは現金でのやり取りよりも不動産でやり取りする方が評価を低くできるからです。

5千万円を子供に贈与するとき、現金だけで贈与すると5千万円を贈与したとして計算しなければいけません。

でもマンションであれば市場価格に比べてかなり低い価値で計算できるので、大きく税金を減らせます。

現金資産が多い時に検討するとよさそうです。

相続財産を現金から不動産に変えておくと良い

親が亡くなるとその資産が子供に引き継がれるでしょう。

これを相続と言い、その時にかかる税金が相続税になります。

相続税の計算では一定の控除額が決められていて、贈与に比べると税金はかかりにくくなっています。

しかし税法が改正されるなどして過去よりもかかりやすくなっているので十分注意した方がいいでしょう。

かつては基礎控除が5千万円で法定相続人一人当たり1千万円控除できたのが、現在は基礎控除が3千万円で一人当たり六百万円の控除になります。

法定相続人が一人しかいないとき、二千四百万円控除できる額が減っていて税金がかかりやすい状態になっています。

マンション投資が節税できる理由は、相続財産の算定方法に秘密があります。

まず住宅などの不動産は資産評価の特例があり、通常よりもかなり低く資産を評価してもらえます。

さらに投資不動産に関しても低く資産を評価する仕組みがあるため、現金で持っているよりも大きく税金を減らせる可能性があります。

基礎控除以上の資産があって相続税がかかりそうであれば、一部を投資マンションに変更しておくと良いかもしれません。

まとめ

給与所得が多くて所得税が多い人なら、不動産所得で発生する損と通算をすれば所得税が減らせる可能性があります。

現金で贈与や相続をするとそのまま税金がかかりますが、不動産であれば評価額が減じられるので税金を減らせます。




サイト内検索
記事一覧