【マンション投資会社比較5選!】口コミでも評判の不動産投資業者をおすすめ順にご紹介します!

マンション投資は本当に安定する?

不動産投資の中の一つの投資方法に、マンション投資があります。

マンションは丈夫で長持ちしそうなイメージがありますが、投資としてはどのようなものなのでしょうか。

また、はたしてマンションに投資すればうまく安定するのでしょうか。

 

不動産投資はミドルリスクリターン

まずはマンション投資の前に、不動産投資について考えてみましょう。

不動産投資とはよくミドルリスクリターンであると言われます。

これは株式のようなハイリスクリターンの投資や、投資信託のようなローリスクリターンのちょうど真ん中に位置します。

大きく一気に稼ぐことはできない一方、安定した家賃収入が毎月得ることができるのが、不動産投資の良さです。

不動産投資は安定する理由は、毎月の定期的な家賃収入のおかげです。

その金額は莫大なものではないかもしれません。

しかし入居者がいる限りは安定した家賃収入が半永久的に入り続けることになります。

マンションに投資した場合も同じです。

マンションのメリットは、鉄筋コンクリート造りであることが多く、耐用年数も長いうえに木造などと比べると長持ちする傾向があります。

その点はメリットですが、デメリットとしては修繕費用や解体費用が高くつくことが挙げられます。

しかし立地の良いマンションであるならば、安定したマンション経営が期待できるのは言うまでもありません。

 

安定させるにはどうしたら良いか?

マンション経営を安定させるにはどのような対策をしたら良いのでしょうか。

まず土地からマンションを1棟購入したり、区分所有で購入したりする場合には、立地をきちんと見極めることが大切です。

ファミリー層向けのマンションであれば、やや駅から離れていても駐車場スペースがついていれば、入居者は期待できるかもしれません。

しかし単身者向けのマンションであるならば、できるだけ駅から近い方が入居率も上がります。

このように安定した入居率を維持したければ、購入するときにまず立地に注意することです。

そしてその近辺の人口動向も調査する必要があります。

もしも東京都の23区のマンションに投資する場合であるとしても、油断してはいけません。

その近辺の人口が増加傾向なのか、もしくは減少傾向にあるのか、現在増加傾向でも将来的には減少に転じる地域があるかもしれません。

そのような綿密な調査が必要です。

ワンルームマンション投資の場合には、特に注意しておいた方が良いでしょう。

ワンルームマンション投資は以前であれば、人気がありましたが将来的に見ると、借入金を利用して購入する場合には、本当に入居者が入るのかを厳しくチェックするようにしましょう。

このようにマンション投資を良くする方法には、事前のチェックが必要であるということです。

むやみやたらに購入しては痛い目にあってしまいます。

 

これからのマンション投資は安定するのか

これからの将来的な不動産投資のビジョンを考えると、マンション投資は安定するのでしょうか。

それは安定する場合とそうでない場合の、二極化がさらに進む可能性があります。

不動産投資は立地が命です。

そこそこ立地が良ければ古いマンションであっても入居者は常にいます。

しかし立地の悪いマンションであれば、どんなに家賃を下げても満室経営は難しいかもしれません。

マンション経営を安定させるのは立地だけではありません。

そのマンションのオーナーの考え方にも起因します。

もし空室が出た場合にはどのような行動をオーナーがとるかが重要です。

放っておいても入居者が入る時代はとっくの昔に終わっています。

これは不動産投資全般に言えることですが、自分の所有する物件を常に監視して、どのようにしたら空室の出ない物件になるのかを毎日考えることが大切になるのではないでしょうか。

 

マンション経営を軌道に乗せることができるか、否かはオーナーの努力にかかっています。

購入する時点からその物件のことを考え、経営しているときも世の中の動向に常にアンテナを張り巡らせておくことが大切です。

その努力が「安定」に徐々につながってゆくのです。




サイト内検索
記事一覧