【マンション投資会社比較5選!】口コミでも評判の不動産投資業者をおすすめ順にご紹介します!

古いマンションならリフォームをしてマンション投資をした方がいい?

自分が住んだり所有したりしている古いマンションは、必要なくなった時には売るという選択肢があります。

しかしそれ以外にも、貸すという選択肢もあります。

果たしてリフォームをしてから貸したほうがお得なのでしょうか。

古いマンションを貸すことはできるのか?

自分の所有するマンションを貸すこと自体はすぐにでもできます。

そしてその物件の大家さんになることも可能です。

しかし問題は入居者が、その古いマンションにつくかどうかということにつきるでしょう。

入居者が入らなければマンション投資は成立しません。

そのためにはどうしたら良いのでしょうか。

それにはマンションを魅力的に作り替えることが大切になります。

それにはリフォームリノベーションという修繕を施すことが大切になります。

ではリフォームとリノベーションとはどのような意味で、この二つはどのような違いがあるのでしょうか。

まずこの言葉は二つとも、はっきりとした線引きはできないということです。

リフォームは基本的に古くなった壁紙を変えたり、畳を取り替えたりすることです。

他にも故障した設備を変えるついでに、その近辺も修繕してしまうこともその部類に入るでしょう。

しかしリノベーションの場合には、それと比べると大規模なものが多いということです。

中古マンションを例にとると、その部屋すべてを綺麗に、間取りも含めて作り変えてしまうような、大規模な修繕のことを指します。

ですからリノベーションの場合にはリフォームと比べると、費用が大きくなる傾向があります。

中古マンションをリノベーションする場合には、規模にもよりますが数百万円から一千万円ほどかかることもあります。

中古マンションを貸すときはリフォーム必須

中古マンションを貸し出すときには、リノベーションのような大規模な工事はあまり必要ないかもしれません。

場合によってはとても古い物件の場合ならば、必要になることもありますが、基本的にはリフォームを簡単に施してから、他に貸し出すことを考えたほうが良いかもしれません。

リフォームであれば、古くなった部分や交換したほうが良い設備を部分的に交換するだけで済みますので、リノベーションほど費用はかかりません。

もしも中古マンションを貸して、投資を始めるならば少なくとも、修繕を施してから貸しに出したほうが良いでしょう。

そのほうが入居者もつきやすくなります。

どのような所をリフォームするか?

ではリフォームを施すならば、どのような所を中心に施したほうが良いのでしょうか。

まずは水回りは必須でしょう。

トイレやバスルーム、キッチンは美しいほうが、入居者にも喜ばれます。

この3か所が汚れていると、入居者の物件に対するイメージは悪くなります。

水回りはとても大切なのです。

他にも壁紙がはがれていたり、壁などにシミがある場合には、変えたほうがよいでしょう。

入居者は内覧するときに隅々まで見ますので、少しでも汚れているとマイナスポイントになって、入居を決めてもらえなくなるかもしれません。

ですから自分の目で部屋の内部を隅々まで確かめて、リフォームを施したほうが良い場所は、積極的に変えたほうが良いでしょう。

入居者に入居を決めてもらえれば、ファミリータイプのマンションの場合には、単身者タイプのマンションよりも長く住んでくれる可能性があります。

そうなれば安定した家賃収入も期待できますので、リフォームの費用は惜しむことなく、先行投資のつもりで出すほうが良いかもしれません。

そして晴れて大家さんになることもできるのです。

まとめ

中古マンションを貸して、マンション投資を始めることは、マンション経営を始めることです。

つまりマンションの経営者になるのです。

ですから次に住む入居者に、安心して安全に住んでもらうためには、それなりの修繕を施してから貸したほうが良いでしょう。




サイト内検索
記事一覧