【マンション投資会社比較5選!】口コミでも評判の不動産投資業者をおすすめ順にご紹介します!

投資に使うマンション購入の流れとは?

長期的に安定した収入が得られるとして、マンション投資の人気が高まっています。
しかし、投資に使うマンションは数百万円から数千万円するのが相場であるため、日用品を買うように即決できるものではありません。
そこで、投資に使うマンションの購入の流れを、プロセスごとにご説明しましょう。

 

購入できるマンションを調べてから物件を探す

投資目的として購入できる物件は、年齢や収入、自己資金によっても異なります。そのため、自分の現状をしっかりと把握して、購入できる物件を知ることから始めます。

自己資金と合わせて、どれほどの資金を調達しなければいけないのかなど把握し、購入できる物件の価格帯を決定することが大事です。価格帯が決まったら、インターネットのポータルサイトなどで物件を探し、気になる物件があれば管理先の不動産会社に相談します。資料を取り寄せたり相談をしているうちに不動産会社との信頼関係が築け、市場に出る前の優良物件を教えてもらえることもあります。

どれぐらいのキャッシュフローが出るかなどを計算し、事業計画を立ててみることも大切です。利益が出そうな物件であれば、外観や設備、環境などを実際の目で確かめるために下見に訪れます。人気の物件はすぐに売れてしまうため、優良物件ならすぐに購入の申し込みを入れます。

 

金融機関に融資審査の申込を行う

購入の申し込みをしたら、金融機関に融資の申し込みを行います。融資の審査に必要な書類は、源泉徴収票のコピー、確定申告書のコピー、資産や負債・家族構成などの自己申告書、不動産会社が用意した物件の資料です。審査の基準は金融機関によって異なるため、1つの金融機関に断られたとしても、複数の銀行に相談してみると良いでしょう。

融資が希望の条件で受けられることが決定したら、金融機関と契約を行います。その際、期間内に希望する融資が受けられない場合は違約金無しで解約できる融資特約を付けることも大事です。契約にかかる費用は、物件の1割程度の手付金、仲介手数料の半金、印紙税となります。また、印鑑と身分証明書も必要です。

 

管理会社の選定をして物件の引き渡し

融資を得ることができたら、次に行うのは管理会社の選定です。中古物件の場合は売主から引き継ぐこともできるほか、自分で探すことも可能です。管理会社を使わず自分で管理するにおいても、入居者の募集を代行してくれる賃貸仲介会社が必要となります。

管理会社によって、マンションのメンテナンスはもちろんのこと、入居者の募集力にも大きな違いが出るため、収益にダイレクトに響いてきます。信頼できる管理会社を見つけることが重要課題です。

また、売主との契約前に管理会社と契約しておくと、賃貸借契約条件を事前にチェックしてもらえるなどのメリットもあります。決済前には、金融機関とローン契約を行います。一度契約すると金利の固定制や変動制などの変更などは出来ないため、納得できない部分がある場合は事前に交渉しておきましょう。

そして、契約が締結したら売主にマンションの代金を支払い、物件関連の書類や鍵、付帯設備の保証書などを譲り受けます。この時点で、物件の取引は完了です。その後は、マンションのオーナーとして物件を運用し、長期的な家賃収入を得ることができるでしょう。また、購入後は収入だけでなく、所得税など様々な税金がかかってくるため、家賃収入の中から少しずつ積み立てておくのが賢明です。

 

物件選びから物件の受け渡しまでの期間は、約1ヶ月かかるのが一般的です。そのため、それぞれのプロセスを段取り良く進めていくのが大切になります。
マンション投資の成功のカギは、一にも二にも物件選びにかかっているので、最初の調査段階に力を入れ、信頼できる不動産会社に積極的にアドバイスを求めるのが良いでしょう。

マンション投資会社一覧はこちら!不動産投資の相談はおまかせ

404 - Not Found

指定されたページは存在しませんでした。
現在表示する記事がありません。

このページの URL : http://manshon-toushi.info/column/nagare/

トップページへ戻る