【マンション投資会社比較5選!】口コミでも評判の不動産投資業者をおすすめ順にご紹介します!

マンション投資を行うメリットとデメリット


ただ銀行に貯金しているだけでは資産を増やすのが難しい近年、手堅い投資方法としてマンション投資が注目されています。専門知識がなくても始めやすい投資ということで、チャレンジしてみようと考える人も多いようです。
そこで、これから始めてみようという人のために、マンション投資のメリットとデメリットについてご説明しましょう。

 

マンションに投資することで得られるメリット

マンションの投資の一番の利点は、他の投資のように資産価値がゼロになる可能性が極めて低いことです。FXや株式投資のように短期間で大きな利益があげられない分、長期間にわたり安定した利益を得ることができます。ギャンブル的要素の少ない投資であるため、手堅く行えば最小限のリスクで着実に資産を増やすことができる投資です。

また、マンションを所有している限りは家賃収入が見込めるため、定年後も収入を得ることができます。公的な年金では足りない分を、私的年金として補うことが可能です。また、ローンで物件を購入した際に団体信用生命保険に加入すると、ローン返済中に万が一のことがあっても生命保険で残りのローンが支払われるため、遺族にローン無しのマンションを残すことができます。

そして、マンション等の不動産の評価額は現金の三分の一程なので、課税される金額も預貯金よりも少なくなるため相続税の対策としても有効です。

 

マンションに投資することで予想されるデメリット

マンションの投資で予想されるリスクは、部屋が埋まらず空室率が上がることです。一棟マンションの場合は、3部屋か4部屋空き部屋があってもそれほどの脅威にはなりませんが、区分マンションの場合は家賃収入がゼロになってしまいます。ローンで購入した場合は返済が困難になり、最悪の場合は自己破産しなければなりません。商業施設は移転する可能性もあるため、駅に近く利便性の近いエリアを選ぶのが入居率を高めるポイントとなります。

そして、年月と共に家賃が下落するのもリスクにあげられます。家賃が下落する原因はマンションの建つエリアの利便性や価値が下がったり、多くのマンションが建ち競合が増え家賃を下げざるを得なくなったりすることで、最初の物件選びが大切になります。また、自然災害によってマンションに大きな被害が出て、大掛かりな修復工事を行わねばならないリスクもあります。保険に加入していれば全額ではなくとも保証されるので、必ず加入しておくことが大事です。万が一の災害などに備え、修繕費としていくらか積み立てることも忘れてはいけないでしょう。

 

自分に合ったリスクの少ない投資を行う

マンションには、大きく分けて新築の一棟マンション、中古の一棟マンション、新築の区分マンション、中古の区分マンションという4つの種類があり、それぞれに必要になる資金や得られる利益も異なります。

新築の一棟マンションは多額の資金が必要なぶん高額の収入が見込める投資で、新築の区分マンションは少ない資金でも購入できるものの収入は一棟マンションに比べて少なくなります。また、中古マンションは購入費が安く利回りが良い分、メンテナンスの費用が掛かるなどの問題もあります。

このように、建っているエリアの利便性や価値によってだけでなく、物件によってもメリットとデメリットが異なるため、自分に合ったリスクのない物件を選ぶことも大切になります。

 

このように、マンションの投資にはメリットとデメリットがあります。良い面だけを見て安易に手を出しては大きな失敗をする可能性もあるのです。リスクや失敗例などの情報も集め、様々な知識を得てから始めるのが賢明です。
信頼できる不動産会社に相談したり、セミナーを受けてみるのも良いでしょう。最初から大きな利益は望まず、ローリスク・ローリターンで少しずつ資産を増やしていくことを目標にするのが賢明です。

マンション投資会社一覧はこちら!不動産投資の相談はおまかせ

404 - Not Found

指定されたページは存在しませんでした。
現在表示する記事がありません。

このページの URL : http://manshon-toushi.info/column/merit/

トップページへ戻る