【マンション投資会社比較5選!】口コミでも評判の不動産投資業者をおすすめ順にご紹介します!

マンション投資には法律の知識が必要になる?

マンション投資などの不動産投資関連の法律は、契約の取り交わしに纏わるものから建築に関係したものまで、非常に多く存在します。

だからといって、一切合切を知っておかないと不動産投資を行なえないということはありません。

不動産に関する法律は専門的な中身のものも少なくなく、短時間ですべてを学ぶことは不可能です。

従って、プロフェッショナルである不動産会社の助けを得ることが重要になります。

しかしながら、一切法的な知識を得ないでいますと、信頼のおける不動産会社を選択したり、不動産会社が所有主や入居者のために務めている業務の意図が判らなかったりすることもあるといえるでしょう。

さらに、主だった法律の概要を把握しておけば、ここぞというときにも安心できるでしょう。

そのため、近いうちに不動産投資をスタートする方だけに限らず、もうすでに不動産投資に着手している人も、不動産投資に対して関わる法律を理解することは重要になります。

不動産投資において法律が必要な理由

不動産について非常に多くの法整備が実施されている理由は、不動産が暮らしに必須のものであり、その上資産価値が高いことから、万が一さまざまなトラブルに展開したときの損害が大きいというバックグラウンドがあるためです。

要するに、身近で資産形成に影響をおよぼすものが不動産といえます。

ひとつの例として、賃貸住宅に居を構えている人が、唐突に大家から出て行ってくださいといわれるケースもあり得ます。

引っ越しに関しては事前準備が要ります。

加えて、移る所も見つけないといけません。

仮に、法によって賃借人の権利が守られなければ、大家の要求に応じる必要があります。

他には、土地並びに建物の権利についてですが、マンション保有者が、正しく行われた契約の締結によって物件を獲得したのにも関わらず、売らないなどと反故にされては困難が伴います。

法によって決められた規定があってこそ、投資家もスムーズに取引ができます。

不動産の取引の基本は民法により規定されている

不動産投資を開始する上でとりわけ押さえておきたい国の法律としまして、民法があります。

不動産の取引の当事者同士において、なにかしらの問題が見られた場合には、民法により解消するのが基本的な法則です。

不動産投資と関連する民法の規定に関しては、売買契約並びに賃貸借契約など債権絡みの規定それから、所有権もしくは地上権といった物権に纏わる規定そして、相続ないしは贈与関連の規定などがあり、不動産投資を行う上で、当事者がしっかりと身につけるべき法律の知識といえます。

特別法として借地借家法が規定されている

土地もしくは建物の賃貸借契約に関しては、民法に優先する特別法という形で借地借家法が制定されています。

こちらの法律で、民法ではあまり強くない立場である借主を守るための規定があります。

具体的にいいますと、借主の対抗要件としまして、借地権にあたっては、建物の所有それから、賃貸借においては建物の引渡しの規定があります。

加えて、更新を望んでいる場合、貸主は正当な事由がないと拒絶できないという中身もあります。

以上のような借主保護の決まりがある反面、貸主サイドの目的にあった賃貸借契約を実施することができるシステムとして、定期借地権や定期建物賃貸借に纏わる規定があります。

不動産投資をスムーズに行う上で、借地借家法の知識は、最低限必要といえます。

まとめ

民法並びに借地借家法、また宅地建物取引業法に加えて、不動産登記法建築基準法区分所有法など、不動産投資に関係する国の法律はいろいろあります。

その全部を把握しておく必要はありませんが、どういった法律が存在しているのか知っておくと、何かのときに役に立ちます。

小さいトラブルならば、当事者同士の交渉によって解消できることも多いです。

しかしながら、仮にとても大きなトラブルを引き起こした場合、法的な解決を目標にする可能性も考えられます。

法律の概要を熟知し的確に対処できるようにすることが重要になります。




サイト内検索
記事一覧