【マンション投資会社比較5選!】口コミでも評判の不動産投資業者をおすすめ順にご紹介します!

公務員がマンション投資を始めるには許可が必要?

少子高齢化がますます進展し、税収は減る一方で、年金や医療費など社会保障費は増大しつつあります。

この状況下において、年金支給年齢の繰り下げや支給額の切り下げなどの措置が講じられていますので、年金をあてにすることができなくなっています。

貯金をしても異次元の低金利の状況ですので、利息収入を期待することができません。

このため、個人年金保険に加入する等、対策を講じる必要ができました。

自分で老後の生活資金を確保するためには、今あるお金を殖やすことが一つの選択肢です。

投資によってお金を殖やすことですが、その一つとしてマンション投資があります。

 

マンション投資は公務員に有利な投資

マンション投資をはじめとする不動産投資は、賃貸物件を購入して、賃借を希望する人に貸し出して、家賃収入を得ることによって収益源を確保します。

この場合、マンションを購入しなければなりませんが、その購入資金を住宅ローンにより調達することになります。

一般的に自営業とサラリーマンであればサラリーマンの方が与信は高くなりますし、サラリーマンの中でも中小企業に務めている人よりも大企業に勤務している人の方が与信は良くなります。

安定した収入があるということは、返済を担保するからです。

その意味において、サラリーマンの中でも公務員の与信は非常に高くなります。

与信がいいということは、多くの借入額ができるということになりますので、利回りの高い収益物件を購入できたり、普通よりも安い金利で融資をしてもらえるといったメリットがあります。

高い与信を活かして、大規模なマンション投資が可能になってきます。

 

潤沢な調達資金によって得られるメリット

マンションを購入するに当たって調達資金が多いことは、交通至便など立地条件がいい物件や築年数が新しいなど、収益性の高い物件を購入できることを意味します。

さらに、複数のマンションを購入して運用することができれば、収益率は大幅にアップします。

加えて、投資の大原則である分散投資にもなりますので、空き室リスクや自然災害による被害のリスクを回避したり、あるいは修繕費などの費用が一時期に生じることがないようにすることができます。

 

許可を得て行う不動産経営と許可が不要な場合

一般的に知られていますが、公務員には職務専念義務があり、兼業禁止とされています。

兼業が禁止されているのは、副業のせいで本業が疎かになる恐れがあるからです。

しかし、すべての兼業、副業が禁止されているわけではなく、一定の規模以下であれば不動産投資が認められています。

すなわち、その規模以下であれば本業に影響が及ばないとみなされるからです。

人事院規則においては、独立家屋の賃貸については、その数が5棟以上、独立家屋以外の建物の賃貸については貸与することができる独立的に区画された一の部分の数が10室以上の場合が兼業とみなされます。

逆に言えば、この規定以下であれば、すなわちマンションであれば9室未満であれば兼業そのものにも該当しないことになります。

加えて、年間の家賃収入が500万円未満であることが必要です。

これらの規模を超える場合であっても、上長の許可を得ることで兼業を行うことができますが、社会的に厳しい目が向けられている原状を踏まえた規模で運営することが第一です。

 

少子高齢化の進展や財政の悪化により、年金があてにならなくなっています。

自助努力、すなわち投資等の資産運用を行うことで、老後の生活資金を確保することが必要な時代になっています。

不動産投資もその選択肢の一つですが、公務員であれば与信が高いので、多額の融資をしてもらえます。

このメリットを活かして不動産経営を行わない手はありません。

ただ、一般的には兼業が禁止されていますので、それらの規定に抵触しないように注意することが大切です。

マンション投資会社一覧はこちら!不動産投資の相談はおまかせ

404 - Not Found

指定されたページは存在しませんでした。
現在表示する記事がありません。

このページの URL : http://manshon-toushi.info/column/koumuin/

トップページへ戻る