【マンション投資会社比較5選!】口コミでも評判の不動産投資業者をおすすめ順にご紹介します!

投資用マンションの売却方法とは?

マンション投資はマンションを購入して賃貸経営をすれば終わりというわけではありません。最終的には投資を完了させるためにマンションを売却することが必要です。

どのようにするとマンションを売れるのでしょうか。高く売って利益を上げるための方策も理解しておきましょう。

 

マンションの売り方は三通りある

投資用マンションを売却する方法は大まかには三つに分けられます。

一つ目に挙げられるのが不動産会社に相談して仲介してもらう方法です。基本的にはマンションの次の所有者を見つけなければなりません。仲介は不動産会社と媒介契約を締結し、販売活動をしてもらって探す方法です。

二つ目は個人間売買をする方法です。知人にマンションが欲しいという人がいたら、譲渡の手続きをすれば売ることができます。土地や建物は全て登記されているので、その名義を変更する手続きが必要です。知人に買いたいという人がいなくても、街中の掲示板などで募集したり、インターネット上で広告を出したりして探すこともできます。

三つ目は不動産会社に買い取ってもらう方法です。不動産会社が次の持ち主になるという形になり、購入した不動産会社は別の人に売るか、自ら賃貸経営をして利益を得ています。

 

三つの売り方の特徴を理解しておこう

投資用マンションはどの売り方を選ぶかによって売れやすさも売れる価格もかなり変わる可能性があります。

仲介によるマンションの売却は最もよく行われている方法で、不動産取引のプロである不動産会社が間に立ってくれるので無難な方法です。マンション自体にそれなりに価値があるなら、数ヶ月のうちに買い手が見つかるでしょう。買い手を紹介してもらって売買契約をした暁には報酬として仲介手数料を支払うことになりますが、比較的高い価格で取引できるのが一般的です。

一方、個人間取引の場合には自分で買い手を探す必要があるので労力がかかりがちです。特に一般の人を相手に探そうとすると苦労が多く、いつまでも見つからずに困ることもあります。しかし、運良く買い手を見つけられれば、仲介したときと同じかそれ以上の価格で取引できる可能性があるのが特徴です。仲介手数料も払う必要がないので成功すれば大きな利益を上げられる方法と言えます。

不動産会社による買取を利用すると、通常は仲介を依頼したときよりも安く売らざるを得ません。不動産会社がマンションを在庫として抱えなければならず、その維持管理にかかるコストや売れずに困るリスクも考慮すると相場よりも低い価格で買い取る必要があるのです。一般的には取引相場の7割前後の価格で買い取ってもらうことになります。ただし、この方法は売りたいと思ったときにすぐに売れるのがメリットです。買い手を探さなくて良いので労力もほとんどかかりません。

 

高く売りたいときはどの方法が良いのか

マンション投資で得る利益をできる限り大きくしようと考えたら、可能であれば個人間取引で売却した方が良いでしょう。ただ、それにこだわってしまうと買い手が見つからずに困ってしまいがちです。

知人や周辺地域を当たってみて買ってくれそうな人がすぐに見つからないなら仲介を選んだ方が無難でしょう。そして、仲介を依頼しても買い手が見つかりそうもないなら買い取ってもらうという方針を持つのが賢明です。

 

マンション投資は最終的にマンションを売却して利益を得ることが大切です。売却方法には不動産会社による仲介、個人間取引、不動産会社による買取の三種類があります。

高く売るのにこだわるなら個人間取引が最も高くなると期待できますが、買い手が見つからずに困ることもあるでしょう。仲介はその点で無難な選択肢なので、多くの人に選ばれています。ただ、それでも買い手が見つからない場合もあるのですぐに売れる買取も考慮した方が良いと言えます。




サイト内検索
記事一覧