【マンション投資会社比較5選!】口コミでも評判の不動産投資業者をおすすめ順にご紹介します!

マンション投資に最適な物件の選び方とは?

不労所得が得たい、相続税対策をしたいなどの理由から、マンション投資を始めたいと考える人も多いようです。

しかし、成功するには正しい物件を選ぶことが重要な課題となります。

そこで、マンション投資な最適な物件の選び方をご紹介しましょう。

空き室になりにくい優良な物件を選ぶ

マンション投資で大切なことは、空き室がなく常に部屋が埋まっている状態にすることです。

そのためには、借り手が住みたいと思う条件の良い物件を選ぶことが大切になります。

具体的な条件をあげると、利便性の良さ、管理の充実、近代的な設備などがあります。

利便性の良さは、最寄駅から徒歩10分圏内であったり、利用路線がターミナル駅に出やすいことなどがあげられるでしょう。

周辺環境においても、スーパーマーケットやコンビニに近い、飲食店やドラッグストアなどがある、病院や公共施設が周辺に整っているなどが重要視されます。

管理の充実においては、管理人が常駐している、共有部分がきちんと整備されている、エレベーターなどがきちんと点検されているなどがチェックポイントです。

管理の充実は、利用者のニーズを満たすのはもちろんのこと、マンションの資産価値を保つ上でも大切な部分です。

近代的な設備とは、セキュリティ対策のためにオートロックや防犯カメラが設置されていたり、免震構造や自家発電システムを備えていることなどがあげられます。

これらの条件の揃った物件は、空き室が少なく確実に利益を得られるでしょう。

融資を得るなら資産価値の高い物件を選ぶ

投資のためのマンションをローンで購入する場合、資産価値の高い物件を選ぶほうが有利となります。

不動産投資のローンの場合、返済期間中に返済できなくなるリスクを考慮して資産価値の高い物件のみに投資を行う傾向があるからです。

資産価値が高い物件は、地価の高いエリアにあったり、管理が行き届いていることなどがあげられます。

また、中古物件よりも新築物件の方が資産価値は高くなります。

中古物件は築年数にもよりますが間取りや設備が古く見えたり、耐震設備が整っていないなどの不安材料もあり、担保力も低いのが一般的です。

資産価値がこれから高くなるかなども考え、マンションを選ぶのが良いでしょう。

高利回りが期待できる割安な物件を選ぶ

投資をするからには高い利益が出ることが最終目標となりますが、そのためには高利回りが期待できる物件であるのが条件です。

高利回りの物件は、割安で売られていたり、空室になるような阻害要因があったり、値段のつけ方が間違っている物件などがあります。

割安で売られている物件は、売主が売却を急いでいたり、部屋に不具合があり入居者が入り辛い、知識のない不動産業者が間違った値付けで販売している物件などがあります。

売主が売却を急いでいるケースは、ローンを組むなどではなく現金一括払いが好まれるでしょう。

部屋に不具合があるマンションは、リフォーム次第で空き室が無くなることも多いため狙い目です。

売主側にも負い目があるため、買い手側に有利に価格交渉が進む傾向があります。

ただ、利回りだけ高くても、ランニングコストが想定外に高い場合もあるので注意が必要です。

また、一棟で買うのか、区分で買うのかも投資をするにおいて重要です。

一棟で購入すれば投資額も多くリターンも多いことがあげられますが、一区で購入すれば投資金額が安いため利便性の物件を手に入れやすいというメリットがあります。

投資物件は不動産のポータルサイトを利用して見つけることもできますが、不動産投資会社に依頼すると良い条件の物件を見つけやすくなります。

ポータルサイトには掲載されていない物件も保有しており、選択肢の幅が広がります。

不動産投資会社の力を借りながら、優良物件を探すとより良い結果が得られるでしょう。




サイト内検索