【マンション投資会社比較5選!】口コミでも評判の不動産投資業者をおすすめ順にご紹介します!

マンション投資の頭金はいくら必要になる?

マンション投資をして経営をスタートするときに壁になるのがローンといえます。

不動産投資ローンを用いた買い入れになり、住宅ローンと照らし合わせると審査が厳しさを増します。

さらに、それなりの頭金を必要とされることもあるでしょう。

 

融資一連の流れと普通の頭金の額

スタンダードな融資審査が承認されるまでの流れに関してですが、まず第一に物件が見つかれば、金融機関へ融資申し込みを行ないます。

申し込みした後は、銀行サイドでの審査がスタートします。

金融機関により決裁までの時間は違いますが、およそ2~3週間かかります。

金融機関サイドからの融資審査が下りた後購入資金の決済になります。

このタイミングで良く言われるのが、頭金はどれぐらい入れることが普通なのかということです。

結論から言えば、購入物件の評価それから、買い付ける人の属性そして、資産のバックグラウンドなどにより百人百様になります。

一般的に考えて、物件の販売価格の10~20%くらいの頭金を入れてほしいという金融機関が非常に多いといえます。

その結果目途としては住宅価格のおおむね10%くらいの自己資金は用意しておくと円滑な取引ができるといえるでしょう 。

 

不動産投資ローンの借り入れできる目安について

マンション投資などで活用される不動産投資ローンは、どの程度まで借り入れできるのかが重要なポイントになります。

確実な額は、勤務場所の会社組織の知名度や資産の状態それから、借入事情によって変わりますが、一般的に考えて年収額の5倍~10倍くらいと言われています。

たとえば年収額500万円であれば、2500万円から5000万円程度のマンションの物件が不動産投資ローンを活用することによって購入できます。

こうした価格の物件については、都心部のワンルームマンション1戸から2戸の額となります。

会社員にワンルームマンション投資が人気になっているのは、こうした借り入れによるところが非常に大きいと言えます。

 

フルローン及びオーバーローンについて

セミナー等に加わると、頭金ゼロでもスタート可能と言われることがありますが、頭金ゼロは素晴らしいことばかりではないといえます。

逆に言えば、返済すべき原資が多くなります

返済原資が過多になることは、払う利息が増加するということになります。

ですから、自己資金は減りますが、併せて返済額が大きくなります。

加えて、不動産投資をするに当たっては、登記費用や印紙代といった初期費用がかかります。

これに関しては物件販売価格の5~7%の額になります。

因みに、多くの頭金を入れると、返済の条件が優遇されることがあります。

それに加えて、初期費用までローンを利用することによって準備することをオーバーローンといいます。

オーバーローンは、初期費用及び物件購入の借り入れが分けてローンという形で組み込まれ、初期費用のローンに関しては金利の水準が相当割高となるので、活用には気を付ける必要があります。

オーバーローンは自己資金を必要としないことから、不動産投資をスタートするハードルを下げるように感じられますが、リスクの心配がない投資はあり得ないので、利息が非常に多くなるリスク並びに将来的な返済する額が膨れ上がるというウィークポイントをおさえておくことが重要になります。

 

マンション投資の頭金についてですが、頭金ゼロでも実行できる可能性があります。

頭金ゼロの場合は、将来のための手持ち資金を手元に残しておきたいという事情がある人には効果的なシステムです。

しかし、そうではない人は、住居の家賃が不意にゼロ円となったり、アクシデントや病に伏せて収入額がなくなったりしても6ヵ月くらいは返済自体が滞らないくらいの資金を手元に残したうえで、頭金を入れると賢明でしょう。




サイト内検索