【マンション投資会社比較5選!】口コミでも評判の不動産投資業者をおすすめ順にご紹介します!

新築マンション投資と中古マンション投資の主な違いとは?

マンション投資をするにあたり、新築マンションがいいのか中古マンションの方がいいのか、迷ってしまいますよね。

どちらにもメリットとデメリットがあるため、自分に合うほうを選択するのが賢明です。

そこで、マンション投資において新築と中古の主な違いについてご紹介しましょう。

新築マンションのメリットとデメリット

新築マンションのメリットは、資産価値も高く融資も受けやすいため、初期費用を安く抑えられることです。

将来的に高い収入が得られる物件であれば、物件価格の100%の融資も可能です。

また、新築マンションには最新の設備が整っているため空室率も低い傾向があります。

住宅瑕疵担保保証責任保険によって10年間の基本構造の欠陥への保証がされているため、万が一マンションに欠陥が見つかった場合は売主が無償で補修工事や賠償を行ってくれるのも魅力です。

売主が倒産した場合も、保証は履行されます。

また、節税効果も高く、確定申告で経費を計上して課税額を抑えたり、相続税対策にも利用できます。

新築マンションのデメリットは、物件の価格が高いため利回りが低くなることです。

しかし、入居者が望めるため空室率は低く、安定した家賃収入が得られるのでローリスク・ローリターンです。

中古マンションのメリットとデメリット

中古マンションのメリットは、物件自体の価格が安く利回りが高いことです。

ただ、利回りを確保するためには空室率を下げることが必須課題となるため、築年数の長い物件は最新の設備を導入するなど設備や管理面で入居者のニーズを満たしていくことが重要となります。

ハイリスク・ハイリターンの物件が多いのが特徴です。

中古マンションのデメリットは、修繕費が高くつくことがあげられます。

築年数の長い物件は修繕費用がかさむうえ、築10年以上の物件は欠陥が見つかっても保証が受けられず自己修繕しなければなりません。

耐震性の基準を満たしているのかなど、マンションの安全性についてもしっかり調査する必要があります。

そして、中古マンションは資産価値が低い傾向があるため、融資が受けにくいのもデメリットです。

そのため、まとまった自己資金が必要となるでしょう。

空室率も高くなりがちなので、しっかりした管理会社を選ばないと、マンション自体のクオリティを低下させるリスクもあります。

また、新築マンションほどの節税効果も望めません。

新築マンションと中古マンションの違い

そもそもマンション投資の目的は、長期的な安定収入を得ることにあります。

その面から見てみると、リスクの少ない新築マンションの方が長期的に安定した収入が望めます。

ただ、都心部においては利便性の良い立地にはすでにマンションが建てられており、好立地に新築マンションを見つけるのは難しいのが現状です。

その点、中古マンションは利便性の良い立地に建てられているものが多く、リノベーション次第では空室率が少なく安定した収入を得られる可能性もあります。

ただ、利回りだけで判断するとリスクが高くなるため、全ての面において万全な物件を見つけることが課題です。

中古マンションは、不動産投資の経験を積んだ中級者以上に向いている物件ともいえます。

近年の建築技術の向上により、マンションの寿命は100年以上ともいわれており、長期のリターンが望めます。

新築物件の方が、より長く着実に利益を得られる堅実な物件だといえるでしょう。

リスクの少ない新築マンションであっても、立地条件などによっては空室率が高くなることもあり、リスクの大きい中古マンションでも設備によっては満室になります。

築年数、グレードによっても資産価値が変わるので、有益な情報を提供してくれる不動産会社との連携も必要になります。

プロの意見を参考にしながら、自分の目で見極めることが大切でしょう。




サイト内検索
記事一覧