【マンション投資会社比較5選!】口コミでも評判の不動産投資業者をおすすめ順にご紹介します!

マンション投資を行う際の注意点を知ろう


老後の収入源として、また節税対策としてマンション投資を始める人は多いようです。
特別なスキルは必要なく誰でも参入でき、不労所得が得られるなど魅力的な投資法として人気を集めています。
しかし、本当にそんな美味しい投資法なのか気になりますよね。そこで、マンション投資を行う際の注意点を検証してみました。

 

将来的に賃貸需要が見込める物件を選ぶ

マンションの投資はローリスク・ローリターンで、利回りは少なくても着実に利益が出る投資法として認知されています。しかし、それは適切な物件を選んだ場合に限り、空室率の高い不人気の物件を選ぶとローンすら払えなくなってしまうこともあります。

新築で購入した物件も、年月と共に老朽化していきメンテナンスが必要になるうえ、築年数が増えるごとに家賃も下落する傾向があります。そのため、最初の頃のような高い収入が得られなくなってしまいますので、将来的にも賃貸需要が見込める物件を選ぶ必要があります。

マンションの投資について何の知識もないまま始め不動産会社に言われるままに物件を購入すると、不動産会社の売りたい物件を掴まされることになりかねません。プロのアドバイスは必要ですが、物件のエリアの利便性は整っているのか、将来的に発展して地価が上がりそうかなど、自分でリサーチすることも必要です。

 

できるだけリスクの少ない投資をする

マンションの投資におけるメリットとして、少ない自己資金で始められるという事があります。しかし、購入資金の多くを融資に頼ってしまうと、多額の借金を背負うことになります。ハイリターンを求めて多額の借金を背負いマンションを購入しても、空室率が高く見込み以下の家賃収入しか得られなかった場合は返済が困難になってしまうでしょう。

大きな利益を得ることよりも、低リスクをモットーに物件選びをするのが大事です。団体信用生命保険に加入すると、ローンの返済中に当事者が死亡しても借入金の返済が免除され家族に遺産として残すことができ、地震保険や火災保険に加入しておくと自然災害の際の損害がカバーできます。いざという時のためにきちんと保険に加入し、リスクを回避しておくことも大切です。

マンションの投資に成功している身近な人や信頼できる不動産会社など、相談できる相手を持つことも重要です。

 

マンション投資は他の投資とは違うことを知る

投資には、株式やFX、金など色々な種類がありますが、マンションの投資は他の投資と少し趣旨が異なります。他の投資方法は、投資銘柄を分析して購入し、売却時期を見計らって利益を得るというものです。しかしマンションの投資は、物件の将来性などを見越して購入した後、管理・運営を行わねばなりません。ただ買いっぱなしで売り時を伺うのではなく、経営力が必要になるのです。

マンションの投資は、売却による差益というより、物件を保有中の運用益が大きな収入となるため、管理・経営能力が非常に大切になります。そのため、他の投資と同じような気持ちで手を出すと、上手くいかない可能性もあります。管理能力に優れた管理会社を見つけるのも、投資を成功させるための必須条件です。

また、マンションの投資では支払う税金の種類も多く、専門的な知識がないと手に負えないこともあるでしょう。国税と地方税は課税される時期も異なるため、納税のスケジュールもきちんと組む必要があります。自分でもある程度の事は勉強したうえで、専門の税理士に依頼することも選択肢に入れると良いでしょう。

 

どのような投資にもリスクはつきものですが、事前に知っておくことで対策を練りリスクを回避することも可能です。これからマンションの投資にチャレンジしてみようという人はこれらの注意点を胸に刻み、危ない橋は渡らず、着実に資産を運用するとよいでしょう。

マンション投資会社一覧はこちら!不動産投資の相談はおまかせ

404 - Not Found

指定されたページは存在しませんでした。
現在表示する記事がありません。

このページの URL : http://manshon-toushi.info/column/careful/

トップページへ戻る