【マンション投資会社比較5選!】口コミでも評判の不動産投資業者をおすすめ順にご紹介します!

複数のマンション投資を行う際の注意点とは

少子高齢化の進展により、人口減少や国内マーケットの縮小が発生し、経済は以前のように右肩上がりになる可能性はきわめて低い状況です。

少子高齢化は、少ない現役世代で高齢者を支えることになりますので、社会保障費の増加が避けられません。

一方で、増税にも限度がありますので、社会保障費の切り下げ、すなわち年金額の低下が懸念されます。

このため、自助努力により、老後の生活資金を確保することが必要な時代になっています。

投資によりお金を殖やすことが必要ですが、その一つとして不動産投資があります。

 

不動産投資により収益を得る方法

不動産投資とは、利潤を得る目的でマンションやアパートなどの不動産に投資することですが、購入した物件を入居希望者に貸して賃貸収入を得る場合や購入した物件を購入価格よりも値上がりしたときに売却してその売却益を得ることを目的に不動産を購入します。

物価が安定している現在においては、かつてのバブル時代のような土地の高騰は望むべくもありません。

このため、現実的な不動産投資は賃貸物件の運用による賃貸収入を得ることです。

この場合、少子高齢化は人口減と同義ですので、賃貸物件に対する需要があるのか疑問視する意見もあります。

不動産投資に対して一番懸念される空き室リスクの問題です。

しかし、2020年の東京オリンピックの開催を控え、東京を中心とした首都圏への人口流入の傾向が強まっています。

このため、交通至便などの立地のいい物件を選択すること等により、空き室リスクを回避することができます。

 

複数の不動産投資を行うことによるメリット

不動産投資の一つの選択肢としてマンション投資があります。

賃貸用マンションを購入してこれを貸し出し、賃貸収入を得るものです。

実際には住宅ローンを利用して賃貸用マンションを購入しますので、毎月のローンの支払いを家賃収入で賄っていくことになります。

住宅ローンをこつこつと返済し、完済後は、毎月安定して家賃収入を得ることができますので、年金に代わる収入源として大きなメリットがあります。

ただ、不動産を所有するに当たっては、一件当たりの投資額が大きな額になるため、単一の物件で運用する場合がほとんどです。

しかし、発想を転換して、複数の物件を所有して運用することで、空室リスクの軽減につながります。

投資の大原則は分散投資によるリスクヘッジですが、これを複数のマンション投資により実現するという考え方です。

 

複数の物件を運用することによるメリット

複数のマンション投資を行うことには、空き室リスクを回避する以外にもメリットがあります。

築年数が異なる物件を選ぶことで、修繕費用などの必要経費を一度に出費するリスクを回避することができます。

物件ごとに修繕費を積み立てるだけでなく、ある物件の修繕費用を別の物件の収益で賄うことも可能になります。

また、昨今、自然災害が頻発しているのを考慮して、首都圏だけでなく、関西圏、名古屋圏、福岡圏等、異なる地域で運用することも重要です。

地震などの場合、被災後には修繕しなければなりません。

狭い地域で不動産を所有していた場合、すべての建物がダメージを受け、収入がゼロになってしまいます。

地域を分散して投資することで、収入源を確保し、被災した物件の修繕費用に充当することもできます。

 

年金財政が悪化している現代社会においては、投資などにより自分で老後の生活資金を確保することが求められています。

投資を行ってお金を殖やしていくことが重要ですが、その一つとして不動産投資があります。

賃貸マンションを購入して家賃収入を得るために経営していくにあたっては、いくつかのマンションを購入して運用ことも一つの方法です。

空き室リスクや修繕費への対応、災害が起きたときの対応等様々なメリットがあります。

マンション投資会社一覧はこちら!不動産投資の相談はおまかせ

404 - Not Found

指定されたページは存在しませんでした。
現在表示する記事がありません。

このページの URL : http://manshon-toushi.info/column/careful-2/

トップページへ戻る