【マンション投資会社比較5選!】口コミでも評判の不動産投資業者をおすすめ順にご紹介します!

マンション投資は投資初心者向け?


銀行の金利は低く、貯金していても資産を増やせない昨今、マンション投資に挑戦しようという人も増えているようです。
しかし、外貨や株式など異なる投資がある中で、マンション投資は初心者に向いている投資法なのでしょうか。
そこで、初心者が知っておくべき投資用マンションの基礎知識についてご紹介します。

 

他の投資法と比較したときの難易度

投資の方法は、マンションだけでなくFXや株式、投資信託、外貨預金などがあります。その中でも、マンションは比較的安定した運用ができる投資法として位置づけられています。

FXのように短期間で大きな利益は産まないものの、着実に資産を増やせるのが魅力です。株式や外貨のように世界情勢などの影響を受けず、価格の変動が緩やかなところもメリットといえます。何よりも、自己資金が少なくても、優良物件を見つければ100%融資によって購入できることもあるなど、初期資金を抑えることが可能です。

赤字が出た時には確定申告で住民税や所得税から取り戻すことができ、節税効果が期待できる投資法でもあります。投資用マンションをローンで購入する際に団体信用生命保険に加入すれば、ローンの残りが返済でき、遺族に資産として残すこともできます。そのため、手堅い投資法として初心者に向いている方法と言えるでしょう。

 

マンションの投資に伴うデメリット

マンションの投資をする際には、メリットだけでなくデメリットを知っておく必要もあります。予めリスクを知っておくことで、万が一に備えて策を練っておくことができるからです。マンションの投資で最も避けたいリスクは空室です。空室率が高くなると家賃収入が少なくなり、ローンの返済に充てる資金が足りなくなってしまいます。そうすると、自己資金でローンをやり繰りせねばならず大きなデメリットとなるでしょう。

また、空室だけでなく家賃の滞納も、資金の運用を滞らせる要因となってしまいます。質の高い入居者を集める管理会社の力が必要となります。時間の経過とともにマンションが老朽化すると、入居者が集まらなかったり家賃を下げなければいけなくなってしまいます。定期的なメンテナンスを行い、マンションを最善の状態に保っておくことも重要です。

その他にも、ローンで変動相場制を選択した場合、金利の変更によって支払金額が増額する恐れもあります。自然災害や人災などでマンションが破損・倒壊すれば、家賃収入が得られないばかりか修繕費にも莫大な費用が掛かります。このように、マンションの投資には様々なデメリットが伴うことも肝に銘じておきましょう。

 

初心者は運用計画を明確にすることから始める

マンションの投資には、家賃収入によって利益を得る方法と売却によって利益を得る方法の2種類があります。マンションの投資の知識が少ない場合、家賃収入によって半永久的に利益を得ることを考えがちですが、売却のタイミングを見計らい収益を最大化することにもフォーカスする必要があります。

家賃収入での収益をメインとするなら、安定した家賃収入が得られる物件を10年から20年計画で選び、売却時期を決定するのがベストです。売却による利益をメインにするなら、地価の高騰しそうなロケーションなどを選び短期で利益が確定できる物件を選ぶ鑑識眼が必要となります。初めての投資では、家賃収入をメインとした方法が合っていますが、売却時の事を念頭においた物件選びも大切です。

 

マンション投資は、他の投資法よりもリスクが少なく初めての人でも手が出しやすい投資法といえますね。もちろん、メリットだけでなくデメリットもあるので、信頼できる不動産会社などプロの意見を参考にしながら物件を選ぶことも大切になります。
新しい投資法を模索している人は、試してみる価値のある方法といえるでしょう。




サイト内検索